なつみなつみ

こんにちは、なつみです。

みなさんは「アファメーション」という言葉を聞いたことがありますか?

 

プラス思考になりたい場合、毎日の簡単なトレーニングを続けることで実現できます。

 

そして私がおすすめしているトレーニングの方法の中に

 

「アファメーション」

 

と呼ばれるものがあります。

 

プラス思考になるためや自分の思い描く未来を引き寄せるために大切なものです。

 

今回は「アファメーションとは何か?」ということと、その効果的なやり方についてお話ししていきます。

アファメーションとは?

アファメーション(Affirmation)というのは「肯定」「断定」などの意味を持ち、自己啓発セミナーなどでは自分自身に宣言する行為をそう呼びます。

 

自己啓発セミナーなどでは自分自身に対して

「私は今幸せであふれています」

「私は今、豊かです」

 

などの肯定的でプラスの言葉を口にするやり方を教わります。

 

ただ願望を言ってるだけでしょ?

なんて思われそうですが、言葉の持つ力はとても大きく、この行動が潜在意識に本当にそうだと思い込ませることにつながり、結果的に口にした願望を実現させてしまうのです。

 

アファメーションとプラス思考の関係

アファメーションを行うことは、潜在意識に働きかけることにつながります。

 

プラス思考になるためのトレーニングでもプラスの言葉を毎日潜在意識に聞かせてあげます。

 

アファメーションによって潜在意識に「プラスのイメージ」をたくさん投げかけてあげることでよりいっそうプラス思考に近付いていけるのです。

 

 

潜在意識はいつもいつも耳にしている、口にしている、思っている、考えている言葉を自然と実現させる働きを持っています。

 

ですので、「潜在意識にプラスの言葉を投げかけてあげる」「なりたい自分を宣言してあげる」ことはとても有効なのです。

 

それを行うのがアファメーションです。

 

アファメーションの効果的なやり方

効果的に行うポイント

アファメーションを行う際のポイントがあります。

このポイントをしっかり押さえることでより効果的なアファメーションができます。

  • 今現在、実現に向かっている言葉を使う
  • 否定の言葉を使わない
  • アファメーションの言葉はシンプルに

今現在、実現に向かっている言葉を使う

「〇〇したい」「〇〇になりたい」という言葉はまだなっていない状態を表します。

例)

誤)私はお金持ちになりたい

正)私は今お金持ちなる途中にいる

 

 

ここでポイント!

「私は今お金持ちだ」と肯定した言葉はとてもアファメーションにいいように思われるけれど、実際には心のどこかで(まだお金持ちにはなってないんだけど・・・・・)という否定の気持ちが出るかもしれません。

アファメーションを行う際に否定の気持ちが出てくる言葉は潜在意識と自分の言葉にズレを生じさせるのでなるべくズレをなくすような言葉を使いましょう。

 

否定の言葉を使わない

アファメーションに否定の言葉を使うとそちらの言葉に潜在意識が反応してしまいます。

例)

誤)私は失敗せずに仕事を完成させている

正)私は順調にこなして仕事を完成させている

 

 

「〇〇したくない」「〇〇せずに~」

などの否定形を使うと、潜在意識はまず先にそちらの否定形の言葉に反応します。

 

その結果引き寄せたくない現実を引き寄せてしまいます。

 

アファメーションの言葉はシンプルに

アファメーションの言葉を「私は〇〇して、〇〇というところに行って、〇〇になっていく」のように長々といくつもの要素を盛り込もうとすると効果が薄れます。

 

シンプルで簡単な言葉のほうがより宣言しやすいことと、複数の言葉を使うとその中で(ん?これは違うんじゃないの?)と否定の気持ちや疑問の気持ちが出てくる可能性も。

 

そうなるとアファメーションの効果が薄れてしまいます。

 

シンプルで「とにかくそうだ」と断定できる言葉が潜在意識にすんなり届きます。

実践編(ここも大事!)

アファメーションは実際に行うときにもポイントがあります。

潜在意識に届きやすいタイミング

潜在意識は人が起きているときには顕在意識のかげでひっそりとしています。ですのでその顕在意識の力が弱まっているとき、すなわちぼ~っとしているときがおすすめです。

具体的には

  • 目が覚めたばかりのとき
  • 眠る直前

 

に行うといいです。

アファメーションの言葉を用意する

アファメーションで宣言する言葉を紙に書き出しておきます。

 

その文章のポイントは

  • 文章の最初に「私は」などの主語をつける
  • 肯定的な言葉だけで構成する
  • 現在進行形の文章にする
  • 自分が信じられない内容は入れない

実際に声に出して読み上げる

30回ほど声に出して宣言する。

そのときに、本当に実現しているときのようなワクワクした気持ちや高揚感などの盛り上がる気持ちが出てくればさらにいいですね。

 

使い方には気を付けましょう

アファメーションには言葉の力が働きます。

ですので、一番大切なことは自分で1%すら信じられないような大きなことを言うのは逆効果です。

 

例えば普通の主婦が

「私は月にいきます」とか「1年以内に1億円稼いでみせます」などと言っても現実とのギャップがあり過ぎます。

 

これでは実際に願望を口にした主婦は

(こんなの叶うわけない)

(無理に決まっている)

という否定的な考えを持ってしまうので、実現どころか、夢や願望からさらに遠ざかった方向へと現実を引き寄せてしまうことになります。

 

あと、よく言われるのが

「〇〇したい」

という言葉を使わないほうがいいということ。

 

「〇〇したい」という言葉を口にするとまだそれが叶っていない状況を強く宣言していることになるので、いつまでも「〇〇したい」と願っている状況(すなわちまだ叶っていない現実)を引き寄せてしまうからです。

 

「アファメーションとは?」のまとめ

アファメーションとは自分自身を肯定したり、かなえたい未来を断言し、受け入れる言葉を宣言することで潜在意識に働きかけることです。

 

アファメーションはどういうもので、どういう効果があるのかをしっかり理解したうえで行えば、自分がプラス思考になり、夢や願望を引き寄せることができます。

 

しかし、間違えたやり方をしてしまうとますますネガティブになってしまうこともあるので気を付けてくださいね。

 

プラス思考のトレーニングにはこのアファメーションの効果も使ってプラス思考になっていけるように考えられています。

 

自分を変えるのは自分です。

 

なつみなつみ

一緒にプラス思考になっていけたらいいですね。