なつみなつみ

こんにちはなつみです。

何か予想外のことが起こったときに、必要以上に不安になってしまうことってないですか?

仕事をしていたり、人づきあいの中では何かしら問題が起きます。

 

それは生活していれば当たり前のこと。

 

でも、起こった問題って意外と簡単に解決したりすることもあるんですよね。

 

でも、問題が起こるたびにこの世の終わりかのように不安な気持ちが大きく膨れ上がって自分で問題を大きくしてしまうのってとても損ですよね。

 

でも、不安な気持ちってそう簡単に消えません。

 

この記事では、不安なことが起こったときに簡単にできる対処法についてお話ししていきます。

不安感が大きくなる原因について

人って、いい記憶よりも悪い記憶のほうを覚えていることが多いんです。

 

それって、今後の危機を回避するための本能のようなもの。

 

でも、あまりに悪い記憶ばかりが残っていると不安な気持ちが大きくなってしまったり、ストレスを感じやすくなってしまうんですね。

 

でも、何か起こったときに

「わあ、どうしよう・・・・・」

とパニックになると不安はどんどん大きくなるし、もとは単純な問題ですぐに解決できるものだったとしても自分で難しくして解決できなくしてしまうことにもなります。

 

ですので、不安感が大きくなったときにすぐにできる対処法について考えてみました。

 

不安感が大きくなったときにすぐできる対処法

本当に簡単なことだけをあげています。

 

というか、不安感が大きくなったときってそんなに色々こまごまと考えたり行動したりするのって難しいですよね。

  • 大きく深呼吸する
  • 声を出して笑ってみる
  • 友人への問題として考える

何か行動することで、いつまでもネガティブな思考に沈み込むのを切り上げることができます。

 

なつみなつみ

それも簡単なことのほうがいいですね。

 

大きく深呼吸する

これ、意外と効果があります。

 

大きく深く深呼吸をすると、気持ちがす~っと冷静になっていくことがあります。

 

ポイントは、鼻から大きく息を吸ったら「マイナス思考」を吐き出すようなイメージで細く長く身体の中にこもっている思考をすべて出し切るようなイメージで大きく長く息をはきます。

 

そうすることで胸のあたりのモヤモヤ感がスーッと消えていきますよ。

声を出して笑ってみる

「問題に直面しているときに笑ってられるか!!!」

と思われるかもしれませんが、気持ちが落ち込みそうになったときこそ大笑いしてみましょう。

 

笑うという行為は心にも身体にもとてもいい影響を与えます。

ネガティブな感情でいっぱいいっぱいになる前に心はこもっていなくてもいいので大笑いしてみると冷静になれて、明るいイメージで考えていくことができます。

友人への問題として考える

自分に起こった問題としてとらえると、どうしても冷静でいられず、悪いほうに悪いほうにと考えが進んでしまいます。

 

しかし、友人に起こったことだとすると、あなたは一生懸命励まそうと、気持ちを軽くする言葉やポイントを探すはずです。

 

そして第三者に対する問題ととらえると、気持ちが落ち着いてくるから自分も考えを切り替えることができます。

 

「不安な気持ちの対処法」のまとめ

普段からマイナス思考だと、大したことがないときも自分で問題を大きくしてしまうことって多いです。

 

普段から「プラス思考」になれるようなトレーニングを行っていくことも大切ですが、いざ、問題に直面したときにはどうしても不安な気持ちが一瞬で頭や心を支配してしまいます。

 

そのネガティブな思考を一瞬で断ち切るためには思考を別のことに向けるのがおすすめです。

 

それで簡単にできる方法は

 

  • 深呼吸
  • 笑う
  • 自分のこととしてとらえない

 

などです。

 

問題に直面した瞬間には以上の方法を試すと同時に、日ごろからできることもやっていくといいですね。

 

「プラス思考」になるための方法はこちらがおすすめです。
↓↓↓
『プラス思考トレーニング』(120日連続メール)
 

 

なつみなつみ

根本からプラス思考になっていけたら生きるのが楽になりますね。