なつみなつみ

こんにちは、なつみです。

自分で目標に向かっているときに決めたことをやらなくちゃと思っても気分が乗らないことってありませんか?

 

実は、私はそんなことしょっちゅうです。

 

目標を立てたからには頑張らなちゃと思うのですが、どうにもこうにもやる気が出てこないんです。

 

でもそれって、ついつい頑張れない自分を責めてしまうので、よくないんですよね。

 

この記事では気分がのらないときの対策についてお話ししていきます。

気分がのらないのはどうしてなの?

気分がのらない理由はやりたくないことをやっているからです。

 

だって、好きなこと、ワクワクすることをやるときって気分ものっていますし、やる気がでないということもないですよね。

 

何か新しいことを始めたとか、目標に向かって今までにない習慣を作ろうとしていることが原因です。

 

気分がのらないという状態は今までの習慣に戻ろうとする結果なのです。

 

 

気分がのらないときに陥りがちな思考とは?

これは私の体験をもとにしていますが、次のような気持ちになります。

  • やらなくちゃいけないのに
  • もっと頑張りたい
  • どうしてやる気が出ないの?
  • 私ってダメだなあ
  • どうすれば頑張れるんだろう?

やらなくちゃいけないのに

どうしても義務感が出ます。

 

自分で今から頑張ろうと決めた目標を達成できなくなると、「やらなくちゃいけない」と自分を責める思考になってしまいます。

もっと頑張りたい

本当はもっと頑張りたいと思っています。

 

でも気持ちと行動が伴わないので、自分に対してもっともっとと求めてしまう気持ちがあり、それと闘って疲れてしまいます。

どうしてやる気が出ないの?

どうしても気分がのらないと自分を責めてしまいがちです。

 

ただでさえ、気分がのらないから自分の決めたことができていないのに、それに加えて自分を責める気持ちがあると本当に気持ちが苦しくなります。

私ってダメだなあ

自分で目標をたてておいて、どうしてできないのかと、自分のことを「ダメな人間」とみてしまいがちです。

どうすれば頑張れるんだろう?

気分は乗らなくても頑張りたい気持ちはあるので、答えの出ない状況を抱えている気分です。

出口のない迷宮をぐるぐるさまよっているイメージですね。

ぱあっと開けた場所に出ることができればいいのでしょうが・・・・・。

 

気分がのらないときの対策とは?

気分が乗らないときには思い切って次のような対策をとってみましょう。

 

  • 休息をとる
  • 好きなことをやる
  • 環境を変える

休息をとる

 

  • 美味しいお茶を飲む
  • ゆったりとお風呂につかる
  • ぐっすり睡眠をとる

 

など、自分の心も体も休まる行動を取り入れてみましょう。

 

身体が疲れているとやる気が出てこない場合もあります。

 

疲労がとれてすっきりした気分になると意外と元気になってまた気分が乗っていくることもあります。

好きなことをやる

気分がのらないときは、思い切って自分の大好きなことをやってみると気持ちが上がってきます。

 

勉強の合間にお茶したり、趣味をしたり、本を読んだりして気分転換するのと似ていますね。

 

ゲームなどもその一つですが、注意してほしいのは、好きなことをやるときは「時間を決めて」やりましょう。

 

ダラダラと続けるのはただ流されるだけなのでおすすめできません。

環境を変える

いつも同じ場所、同じ時間帯などで決めた作業などをやっている場合は、気分を変えて違う場所でやってみたり、いつも夜の遅い時間にやっているなら、たまには早めに寝て朝早くからやってみる。

 

環境を変えることで気分もガラリと変わって、やる気が出る場合もあります。

 

ポイントは、自分が楽しいとか好きだと思う環境づくりをすること。

 

好きなものに囲まれていればそれだけで気分もよくなります。

 

「気分がのらないときの対策」のまとめ

気分が乗らないというのは、思考がやりたがっていないということ。

 

それを「やらなくちゃ」と無理をさせるような思考を持つと自分が苦しくなってしまいます。

 

~しなくちゃならない

 

という義務感はとても自分を追い詰める考えですし、苦しくしてしまいます。

 

ただでさえ、やりたいと思うことをできてない自分を責めがちなときに、もっと痛めつけるような考えでは自分のことを責めっぱなしになってしまいます。

 

そういう時こそ、休んでも大丈夫といったん受け入れてあげて、そこから意識を切り離すことが大事です。

 

そして心が落ち着くことを考えたり、思考を休めたり、リラックスできるような入浴や睡眠などでしっかり疲れをとるなどすれば、自然に「またやろう」と思えるタイミングが来ます。

 

最終的には「その気になるのを待つ」ことが大切です。

 

強制的にやろうと頑張ったとしても、ますます追い詰められたり、そのやっていることが心の底から嫌いになってしまう可能性も出てきます。

 

なつみなつみ

一番は自分の気持ちをいたわってあげることですね。

 

心配しなくても自然にやろうと思えるときがまたやってきますよ。