なつみなつみ

こんにちは、なつみです。

人に嫌われるのって嫌ですよね。

でも、嫌われている本人にとって、なぜ嫌われるのかがわからないという場合だってあると思うんです。

自分で思う基準と人が思う基準が違うと嫌われる理由もわからないまま。

自分のことを見直すこともできません。

 

知らないままで人に嫌われるようなことをしていたら、その年月ってとてももったいないと思いませんか?

 

ちりも積もれば・・・・・ではありませんが、気づかずにとっている行動が周囲にとって不快な思いをさせているのであれば、早く気づいて少しずつ改善していきましょう。

 

そうすれば周囲からの評価も変わってきます。

 

人の評価を過剰に気にする必要はありませんが、それでも人に嫌われるよりは好かれたほうが自分の気持ちも、周囲に与える影響もいいに決まっています。

 

何よりも人間関係がスムーズになっていくので自分が生活しやすい環境に変わっていきますよ!

 

この記事では嫌われる人の特徴について10つ書き出してみました。

 

なつみなつみ

参考にしてみてくださいね。

嫌われる人の特徴10つ

具体的に嫌われる人の特徴ってどんなものでしょう?

 

  • 自慢話が多い
  • 人の悪口が多い
  • 愚痴や不満ばかり話す
  • 被害妄想しがち
  • まず否定形から入る
  • 偉そうな態度をとる
  • 嘘をつく
  • 話の最中にスマホをいじる
  • 一方的に話す(人の話を聞かない)
  • 不愛想

自慢話が多い

能ある鷹は爪を隠す

とよく言いますが、本当にすごい人は自分のことをひけらかしたり、自慢したりしません。

自分のことを自慢げに話す人は相手の話を聞いていないことが多いですし、自分のことをとりとめもなく長々と話します。

場の雰囲気も読めないことが多いです。

 

人の悪口をいう

人の悪口を平気で口にしている人って周囲から見てもステキには見えませんよね?

ましてや楽しそうに悪口を言っているのであればなおさらです。

人の悪口を話す人は、悪口を言われている人よりもさらにみにくい姿であると認識したほうがいいかもしれません。

落ち込んでいる人をなぐさめるためだとしても、悪口は言わないようにしましょう。

愚痴や不満ばかり話す

毎日の生活に不満ばかり持っていて、耳にする言葉がマイナスの言葉ばかりだと、その人の話を聞きたいと思いますか?

一緒にいたいと思いますか?

愚痴や不満が多い人の話を聞いていると自分もそのマイナスのエネルギーに引っ張られて穏やかな気持ちでいられなくなります。

被害妄想が多い

「どうせ私が悪いんです」

なんて自分を卑下して落ち込みまくる人がいますが、この態度も人に嫌われてしまいます。

ちょっとした態度を否定的に受け取って「自分にだけ冷たい態度だ」「私のこと嫌いなんだ」と思い込んで勝手な妄想を膨らませてしまいます。

こういうタイプの人はとても始末に負えません。

周囲が何を言っても受け入れてくれないからです。

まず否定形から入る

こちらの意見を述べたときに

「でも、それは~だ」

「いや、おれはそう思わない」

など最初に否定形で返事をする人は嫌われます。

 

相手の言葉がどう考えてもおかしい場合は別として、日常的に過ごす人に対していつも否定形から入られると、相手はだんだん会話すらしたくなくなります。

自分の意見が違うとしても、

「なるほど、そういう意見もあるんだね」

「君の言いたいことはわかった。でも・・・・・」

というように一度は相手の言葉を受け入れてから違う意見を言うほうが好感度が高いでしょう。

 

一度しっかり言葉を受け止めてくれた相手の言葉ならその後が否定の内容でも案外すんなりと聞けるものです。

最初に否定されると、どうしてもムッとくる反発心が芽生えるので、どんなに正しいことを話してもすんなり受け止められないものです。

自分の意見を聞いてほしいと思えば、相手の意見もまずは一度受け入れましょう。

最初から否定形だと会話もおつきあいもスムーズにいかないことが多くなります。

偉そうな態度をとる

家族や友人、外出先の店の店員さんや周囲の人にまで上から目線で話す人がいますが、これは見ていて気持ちのいいものではないですね。

逆に謙虚な態度の人は周囲からもいいイメージです。

嘘をつく

  • 人のためにやむを得ず嘘をつく。
  • その場を丸く収めるために悪意のない嘘をつく。

というのならまだ嘘をつくことの意味がありますが、会話の流れでスラスラと息をはくように嘘が飛び出てくるくらいだとよくないです。

自分がかわいくてついつい八方美人的な態度で嘘をつく人もいれば、最初から人をだます目的で嘘をつく人もいます。

嘘はいつかはバレるものです。

話の最中にスマホをいじる

  • 人の話を真剣に聞かない
  • 返事が生返事
  • 問いかけの答えが返ってこない

というのもあまりよくないのに、人が話している最中にスマホをいじるのは嫌われる態度です。

そういう態度をしていると、大切な話もしてもらえなくなりますし、会話すら避けられてしまうようになります。

一方的に話す(人の話を聞かない)

話し好きな人っていますよね。

自分が一方的にベラベラ話し続けて、相手の話を聞こうとしない。

これって、話し続ける人は気持ちのいいものかもしれませんが、聞かされている相手にとっては地獄のようなもの。

会話はキャッチボールといいますが、自分が投げかけた言葉に相手が反応して返した言葉に、また応える。

それができずに一方的に自分のほうからばかり話をし続ける態度は嫌われてしまいます。

無愛想

どうしても人と接するときに笑顔でにこやかに対応できない人はいます。

でも、そういう無愛想な人がすべて悪いというわけではなく、自分ではむすっとしているつもりがなくてもそう取られてしまう人がいるのも確かです。

そういう場合は、最初に「自分は機嫌が悪いわけじゃないんだけど、よく誤解されるんだよね・・・・・」と話してしまうのも誤解をふせぐ一つの方法です。

 

 

「嫌われる人の特徴」のまとめ

今回、嫌われる人の特徴をあげてみました。

 

  • 自慢話が多い
  • 人の悪口が多い
  • 愚痴や不満ばかり話す
  • 被害妄想しがち
  • まず否定形から入る
  • 偉そうな態度をとる
  • 嘘をつく
  • 話の最中にスマホをいじる
  • 一方的に話す(人の話を聞かない)
  • 不愛想

 

今一度、思い当ることがないかふりかえってみましょう。