プラス思考の本を読んだりセミナーに数回通ってもなかなか変われないのはなぜでしょう。

 

なつみなつみ

それは潜在意識のせいなのです。

プラス思考の捉え方によって潜在意識の役割も変わってきます。

 

プラス思考について間違った認識を持っていると根本から思考を変えることはできません。

 

プラス思考について正しく理解したうえで潜在意識に働きかける方法を取り入れていきましょう。

 

この記事ではプラス思考になるためには潜在意識に働きかけることがいいという理由についてお話ししていきます。

潜在意識とプラス思考について

まず潜在意識とプラス思考について正しく理解する必要があります。

潜在意識とは

潜在意識に対する言葉に「顕在意識」があります。

 

この顕在意識は私たちがふだん意識していることで、潜在意識は無意識に考えたりすることなのです。

 

顕在意識は意識全体の5%なのに対して潜在意識は95%をしめるといいます。

 

この潜在意識は幼い頃より培われた経験や考え方、選択の積み重ねによって存在しているため、ちょっと考えただけの顕在意識ではひっくり返すことが難しいということ。

 

長年の思考の癖のようなイメージです。

 

プラス思考とは

言葉通りに考えると物事をプラスの側面で受け取り、ポジティブに行動できる考えのことです。

 

しかし、ここには落とし穴があって、自分の本心をごまかしたり、我慢してまでプラスの気持ちで受け入れようとすると無理が生じます。

 

これは無理やりプラス思考になろうとする行動です。

 

そうではなく根っからのプラス思考になるためには、自然とプラスの考え方ができるようになるということ。

 

そのために関わってくるのが潜在意識なのです。

 

プラス思考になるために潜在意識の働きが重要な理由

先ほども申しましたように、自分で考えて意識して無理やりプラスの考え方をするのは本当のプラス思考ではないという事実。

 

そのため、プラス思考になりたいと思うのならば、自然と考えが浮かぶ「潜在意識」にプラス思考を擦り込む必要があるのです。

 

潜在意識がプラス思考になることで、自然体のプラス思考が可能になってきます。

 

プラス思考になるための潜在意識への働きかけ方

普通に考えれば、今まで何十年と積み重ねてきた潜在意識の考え方を短期間で変化させるなんて無理な気がしますよね。

 

しかし、潜在意識には、毎日同じ言葉を聞くことでそれが事実になるように働くという特徴があります。

 

ですので、プラス思考になるためには毎日プラス思考になるための言葉(色々変えずに一つの言葉のみが有効)を耳から聞くことで少しずつ潜在意識自体がプラス思考に近付いていきます。

 

それをトレーニングとして打ち出したのがこちら
↓↓↓
『プラス思考トレーニング』

 

「プラス思考と潜在意識」のまとめ

プラス思考は顕在意識レベルでなろうとしても、もともとがマイナス思考である場合はすぐに潜在意識の力に負けてしまいます。

 

しかし、潜在意識自体にプラス思考の言葉をかけ続けると潜在意識は「自分はプラス思考なんだ」と思い込むようになり自然とプラス思考になれるのです。

 

人によってマイナス思考の強さや今までの過去の経験によってプラス思考になっていく期間は違いますが、毎日少しずつでもプラス思考の言葉を言い続ける習慣を身につけることで変わっていけるのは嬉しいですね。

 

プラス思考になれば物事をありのままに受け入れられるようになります。

 

それによって周囲との人間関係も改善しますし、何よりも自分の事が好きになれて、生き方や物の見方が変わっていきます。

 

あなたもプラス思考になりたいと思いませんか?

 

↓↓↓
トレーニングの詳細はこちら