なつみなつみ

こんにちは、なつみです。

考え方や気持ちに食べ物が関係あるって知ってましたか?

実は私たちが毎日考えている思考にも食べ物の影響って大きいんです。

 

なつみなつみ

あなたは今、こんな症状はありませんか?

  • 朝起きたときに眠気がとれないし体がだるい
  • 会社や学校に行きたくない
  • わけもなく気分が落ち込んでしまう
  • イライラすることが増えた
  • 不安な気持ちがでてきて落ち着かない

 

もしも、これらの症状が1つでもあるのであればこの記事を最後までお読みくださいね。

もしかしたらそれはセロトニン不足によってマイナス思考に傾いているのかもしれません。

 

これらの症状を放っておくとうつ症状が増えていって、だんだん生活していくのがつらくなってしまいます。

最悪、うつ病になる危険性だってあるんです。

 

それを解決してくれるのが「セロトニン」というホルモンで、別名「幸せホルモン」とも言います。

 

結論から言いますと、食べるものによって思考も変わります。

 

この記事ではプラス思考になって元気な毎日を送るための食べ物や習慣についてお話していきます。

食べ物でプラス思考になる3大栄養素とは?

プラス思考 食べ物

なつみなつみ

セロトニンっていうホルモンの分泌に働きかけてくれる栄養素をとればいいってことなのね

 

セロトニンの分泌を促すためにはおもに、3つの栄養素を取り入れる必要があります。

  • トリプトファン
  • 炭水化物
  • ビタミンB6

3大栄養素がセロトニンにつながるしくみ3ステップ

プラス思考 食べ物

では、3大栄養素がセロトニンの分泌につながるまでのステップを1つずつみていきましょう。

 

ステップ1

トリプトファンを含むたんぱく質を食べる

ステップ2

血液中に含まれるトリプトファンがセロトニンになるためにはインスリンが必要。

インスリンを出すためにはブドウ糖や砂糖などの糖質(炭水化物)が必要。

糖質をとることで吸収率がアップ。

ステップ3

トリプトファンが最終的にセロトニンとして合成されるときには一緒にビタミンB6をとる必要がある。

 

よって、セロトニンをたくさん作りだすためには、トリプトファンだけでなく、炭水化物ビタミンB6が必要になってくるというわけです。

3大栄養素と食品

セロトニン分泌に関わる3大栄養素

  • トリプトファン(肉類・魚類・乳製品・大豆製品・バナナ)
  • 炭水化物(白米・パン・イモ類・果物類)
  • ビタミンB6(ナッツ類・バナナ・魚類)

 

トリプトファン

まず一番重要になってくるのがトリプトファンです。

色々な用語が出てきて頭がこんがらがりそうですが、これは学生の頃に家庭科などで習った必須アミノ酸の一つです。

「トリプトファン」は動物性たんぱく質に多く含まれていますが、たんぱく質だけをとればいいというものでもありません。

 

必須アミノ酸とは?

必須アミノ酸とは、タンパク質を構成するアミノ酸のうち、その動物の体内で充分な量を合成できず栄養分として摂取しなければならないアミノ酸のこと。必要アミノ酸、不可欠アミノ酸とも言う。 (ウィキペディアより)

炭水化物

トリプトファンからセロトニンを作り出すためには「炭水化物」が必要になってきます。

「炭水化物(糖質)」はトリプトファンの吸収率を上げる働きがあります。

 

なつみなつみ

炭水化物やご飯や麺類、パンなどに多く含まれていますよね。

ビタミンB6

そしてもう一つ、セロトニンを作る働きを促進させるために「ビタミンB6」が必要です。

この「ビタミンB6」トリプトファンと合成されることによって最終的にセロトニンになります。

なつみなつみ

これはバナナやナッツ類から取り入れられます

 

セロトニン分泌をうながす食材の活用法

プラス思考 食べ物

3つの栄養素をご紹介しました。

これらの栄養素をバランスよく取り入れるための朝食メニューは次のとおり。

洋食でも和食でも朝ごはんのメニューでまかなえそうです。

例)

  • 白米
  • 焼き魚
  • 味噌汁
  • 卵焼き
  • バナナ

例)

  • トースト
  • 牛乳(ヨーグルト)
  • 目玉焼き
  • バナナ

こんな感じですね。

 

なつみなつみ

でも、忙しくて朝食をしっかり作る時間がないと、うまく「トリプトファン」をとれないんじゃない?

安心してください、そんなあなたに特におすすめしたい優秀食材があります。

バナナです。

 

忙しいあなたにおすすめの食材は「バナナ」

プラス思考 食べ物

時間がなくて食事をしっかりとれないときはバナナを食べるといいかもしれませんね。バナナは調理の必要もないですし、短時間でエネルギー補給が可能なくだものです。

 

なつみなつみ

長距離のマラソンランナーなど給水所で一緒に摂り入れることもありますね。

バナナがおすすめなわけ

バナナは果物なので糖質が含まれているので炭水化物をクリアしています。

そしてトリプトファンも100g中10mg含まれています。

プラス思考 食べ物
引用元)https://fooddb.mext.go.jp/details/details.pl?ITEM_NO=7_07107_7&MODE=4

 

もう一つがビタミンB6です。

プラス思考 食べ物
引用元)https://www.eiyoukeisan.com/calorie/nut_list/vitamin_b6.html

バナナは果物の中でもビタミンB6を一番多く含んでいます。

 

実際にはトリプトファンをもっと多く含む食品は他にもたくさんあります。しかし、バナナは調理の必要がないうえに、手軽に食べられて最短でエネルギー源にもなる万能食です。

 

一番のおすすめ理由はバナナにはセロトニン分泌をうながす3大栄養素がすべて含まれているから。
なつみなつみ

これなら忙しいあなたにもおすすめですね

ちなみに、バナナに牛乳を1本つけるだけでトリプトファンの量がぐんとアップしますよ!
牛乳のトリプトファンの量は100g中、47mg、なのでカップ1杯(200ml)飲めば約94mgもとれます。
なつみなつみ

トリプトファンの必要量は体重×2mgと言われています。(体重50kgの人で一日100mg)ですね。
お肉やお魚なども食べると思いますので、摂取量が不足することはないと思いますが、バナナに牛乳っておすすめの組み合わせってことですね。

プラス思考になれる食べ物がわかったところで、セロトニンというホルモンについても詳しくみてみましょう。

 

食べ物がプラス思考に影響するカギとなる「セロトニン」

プラス思考 食べ物
引用元)https://www.alic.go.jp/content/000141085.pdf

 

プラス思考というのは考えや意識のことです。

それが食べ物によって影響されるってすごいですよね。

 

人はやる気満々になったり、幸せな感情になったり、ワクワクしたりするときに脳内から分泌されるホルモンがあります。

それがセロトニンです。

 

セロトニンは別名「幸せホルモン」ともよばれ、リラックス効果、心の安定をはかる効果を持ちます。

 

セロトニンは睡眠障害のある人やうつ症状のある人への改善効果もあり、これらはおもに、日ごろの食べ物によって分泌の量を調節できます。

食べ物の栄養の種類によっては、幸せホルモンである「セロトニン」を増やすことができます。「セロトニン」が増えればプラス思考になれます。よって食べ物で思考へ影響を与えられるというわけです。

 

では、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンにはどんな効果があるのか?というところから見てみましょう。

 

幸せホルモン「セロトニン」の知れば知るほど凄い働きとは?

プラス思考 食べ物

セロトニンには心や体に対してとてもすぐれた働きがあります。

セロトニンの効果

実際にセロトニンの効果は次のようなものです。

  • リラックス効果
  • 脳を活性化させる
  • ポジティブになる
  • 痛みを緩和してくれる
  • 覚醒効果

リラックス効果

セロトニンが感情をコントロールしてくれますので、マイナスの感情がわきおこってもそれを引きずらずに気持ちを早めに切り替えることができます。

それによってストレスも軽減します。

 

脳を活性化させる

セロトニンには、思考をプラス面に変えてくれる他に、記憶や考える力をつかさどる脳内の海馬にも影響を与えてくれます。

その結果、記憶力や集中力がアップします。

イライラしたり不安な気持ちもなくなるので、仕事や勉強に打ち込みたい人にはありがたいですね。

 

ポジティブになる

ポジティブになるということは、プラス思考になるためにも必要な考えなので、セロトニンがたくさん分泌されれば元気に前向きになれるということですね。

 

セロトニンは不足すると気持ちがネガティブになりやすく、マイナスな思考に傾きやすくなってしまうのでうつ症状に悩まされやすくなってしまうことも・・・・・。

 

痛みを緩和してくれる

どこも悪いところがないのに、頭が痛い、おなかが痛い、体がだるいというような体調不良の改善にも役立ちます。

 

覚醒効果(かくせいこうか)

セロトニンには血圧や体温を上げる働きがあるので、朝になるときちんと目が覚めてすっきりし、日中の活動も調子よくすすめられます。

 

 

なつみなつみ

セロトニンにはすぐれた働きがありますが、もしセロトニンが不足してしまうとどうなるのでしょう。

セロトニン不足でおちいる症状とは?

プラス思考 食べ物

セロトニンが普通に分泌されていれば問題ありませんが、もしも不足してしまうと、心や体に様々な症状が出てきます。

  • 眠気がとれずすっきりしない
  • 集中力が低下する
  • イライラしたりおこりっぽくなる
  • 落ち込みやすくなる
  • 疲れていても眠れなくなるし、睡眠の質が落ちる
  • うつ病になってしまう

 

なつみなつみ

でも大丈夫です。

セロトニンは生活の中で自分で増やしていけます。

気になるセロトニンの作られ方について次で説明します。

 

セロトニンの作られ方

プラス思考 食べ物
引用元)https://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E3%82%BB%E3%83%AD%E3%83%88%E3%83%8B%E3%83%B3
なつみなつみ

セロトニンをたくさん分泌すれば、心も体も元気になるのね。

それなら体内でセロトニンをたくさん作りたいんだけど、どうすればいいの?

セロトニンを増やす方法は次のとおり。

  • 太陽の光をあびる
  • セロトニンの材料となる栄養を摂り入れる
  • 食べ物をよく噛んで食べる
  • 運動をする

 

太陽の光をあびる

太陽の光をあびると視覚から入った太陽光の刺激によって脳内のセロトニン神経が活性化されます。

セロトニンの材料となる栄養を摂り入れる

セロトニンをたくさん作るためにはセロトニンを合成するための栄養素「トリプトファン」「炭水化物」「ビタミンB6」を含む食品を摂る必要があります。

食べ物をよく噛んで食べる

噛むという動作は脳内の血流量を増やしてくれます。

それによって脳内のセロトニン神経が活性化して、分泌量が増えます。

運動をする

筋肉を一定のリズムで動かす運動によって脳が刺激され、セロトニン分泌量が増えます。

 

ということで、このプラス思考に大きく関係している「セロトニン」を分泌させるために今回は食べ物で栄養を摂り入れるという方法をとりあげてみました。

 

「プラス思考になる食べ物」のまとめ

今回の記事によって「食べ物によってプラス思考になることは可能」だとわかりました。

 

それにはプラス思考のもととなる幸せホルモンである「セロトニン」をいかに分泌させられるかにかかっているといってもいいでしょう。

 

セロトニンの分泌をうながす方法には

  • 太陽の光をあびる
  • セロトニンの材料となる栄養を摂り入れる
  • 食べ物をよく噛んで食べる
  • 運動をする

などの方法があります。

 

そしてその中で食べ物によってセロトニンを増やすためには3大栄養素が関係してきます。

その3大栄養素は

  • トリプトファン
  • 炭水化物
  • ビタミンB6

です。

 

この3つの栄養素がうまく関わりあうことによってセロトニンが作られます。

 

セロトニンには

  • リラックス効果
  • 脳を活性化させる
  • ポジティブになる
  • 傷みを緩和してくれる
  • 覚醒効果

というすごい効果がある一方、不足してしまうと

  • 眠気がとれずすっきりしない
  • 集中力が低下する
  • イライラしたりおこりっぽくなる
  • 落ち込みやすくなる
  • 疲れていても眠れなくなるし、睡眠の質が落ちる
  • うつ病になってしまう

というマイナスの症状に悩まされてしまいます。

 

プラス思考になるために食べ物でも効果が得られるとわかり、私自身、毎日の食事を意識するきっかけになりました。

 

なつみなつみ

1つずつ取り入れて、積み重ねていきましょうね。

 

簡単なことでも実行しなければ何も変わりません。

いいなと思ったことを1つ実行することができればそれもプラス思考に1歩近付いたことになりますよね。

 

なつみなつみ

今日から食べ物も意識してみてはいかがでしょう?

 

セロトニンの分泌をうながすための方法って本当は食べ物だけではありません。

他の方法についてはこちらの記事を参考にしていただければと思います。
↓↓↓
「プラス思考トレーニング」という方法をためしてみたレビュー

習い事でポジティブになるには絶対必要な考え方と選び方の3つのポイント

 

最後までお読みいただきありがとうございました。