なつみなつみ

こんにちは、なつみです。

人の生活に仕事はつきもの。

 

 

生きている中で仕事をしている時間は膨大です。

 

その時間の使い方を効率よくできることは自分の人生の時間を増やすことにもなります。

 

同じ仕事をしていてもどんどんはかどる人といつまでも一つの作業で止まっている人もいます。

 

自分で「もっと効率よく仕事をしたい・・・・」と思い悩んでいる人もいるかもしれません。

 

なかなか効率よく仕事ができないでいると現状に悲嘆しているのではなく、どうすれば効率よく作業していくことができるのかを一緒に考えてみましょう。

 

この記事では仕事を効率的にこなすポイントについてお話ししていきます。

仕事を効率的にこなすポイント

 

  • 完璧主義をやめる
  • 優先順位を決める
  • 得意なことから始める
  • 時間を区切る
  • 時には人に頼る

完璧主義をやめる

仕事を完璧にこなそうとするのは大切ですが、こだわりすぎて完璧を求めすぎるのは仕事の効率化という点からはあまりよくありません。

 

何をするにも100%を目指していては終わる仕事も終わりません。

 

期限が決まっているものはなおさらです。

 

100%を求めつつ時には80%のできで進めていく勇気も大事です。

 

優先順位を決める

いくつもの仕事を請け負ったり、複数の作業を同時進行で行わなければならないときは、「優先順位」をつけることが大事です。

 

仕事に優先順位をつけるときに考えるポイントは「緊急度」と「重要度」です。

 

どうしても緊急なものからとりかかりがちになりますが、重要度が高いものを忘れてしまわないように気を付けましょう。

 

得意なことから始める

苦手なことには手が止まってしまいます。

 

それに比べて好きなことや得意な分野はすいすい作業が進みます。

 

仕事には勢いも大事です。

 

手をつけやすいところから始めて自分に勢いをつけたり、波に乗るのも大事です。

 

時間を区切る

気分が乗っているときはついついダラダラと作業を続けてしまうものですが、時間を区切って作業していくことで疲労のたまり具合も少なくてすみます。

 

また、小刻みな時間帯でできることを自分で用意しておくことで、たっぷりの時間があるときにすべきこと、ほんの数分しかないときにできることを効率よくすすめられます。

 

25分作業したら5分の休憩を入れるなど仕事をより効率よく進めていくための作業配分も自分で計画しておきましょう。

 

時には人に頼る

仕事で効率のいい人は人を頼るのも上手です。

 

一人ですべてをしょい込んでアタフタするのではなく、任せるということもできます。

 

それは仕事の全体像を把握して目標やゴールをたてることができているからです。

 

仕事を効率よくこなすには自分のプライドや自分だけの力に過信するのではなく、周囲の人と力を合わせたほうがいい場合の見極めができることも大事です。

 

「仕事を効率的にこなす」のまとめ

仕事を効率よく進めるためには才能があるとかセンスがいいとかいうことよりも、時間の使い方、仕事に取り組む順番、人に頼ることとか、コツさえ知れば誰にもできることです。

 

自分で抱えてしまい、結果的に間に合わなかったり、中途半端な内容になってしまっては意味がありません。

 

今回のポイントを頭において日々の仕事に活用してみてくださいね。