なつみなつみ

こんにちは、なつみです

あなたは自分に厳し過ぎていませんか?

それってしんどくないですか?

 

「プラス思考になりたい」

と願っているときって、まだプラス思考になれてなくって、自分のことを認められないことが多いです。

 

どうして自分は〇〇できないんだろう

もっとこうあるべき

なんて私はダメなんだ

 

こういう厳しい目を自分に向けてしまいがち。

 

でも自分を責めてばかりいたら、生きていくのがしんどくなりますよ。

どんどんマイナス思考に偏ってしまいます。

 

この記事では生き方を楽にするためにもっと自分に優しくなってほしいという願いをこめてお伝えしています。

自分に優しくなれない理由

自分に優しくなれないのはどうしてなのでしょう?

自分に優しくなれない
↓↓↓
つまり自分に厳しい
↓↓↓
できないことを責める
↓↓↓
人と比べてダメだしをする
↓↓↓
さらに落ち込む

悪循環ですね。

 

自分に優しくなれない、自分を甘やかしてあげられない人はいつも自分を追い込んでいます。

 

  • こうあるべき
  • こうしなくちゃ
  • どうしてダメなんだろう
  • もっと〇〇しなくちゃ
  • 私っていいところがない
  • 自分が許せない

 

毎日を楽しい気持ちで送ることができません。

 

物事に対してもできて当たり前。

できない部分があればそこを責めたり、悲観したり、落ち込んだり・・・・・。

とにかく怒り・悲しみ・イラつき・落ち込みなどあらゆるマイナス思考に支配されてしまいます。

 

これでは楽しい気持ちで生活なんてできません。

 

しんどいばかりですね。

 

自分を責めたり追い詰めたりする理由はあなたの思考が「マイナス思考」になっているからです。

 

あなたの潜在意識がマイナスのイメージでいっぱいになっているからなんです。

 

自分に優しくなることのメリットは?

自分に優しくなるなんて・・・・・そんなのできない。

そう思うことがすでにマイナス思考。

頑張る自分は許せるし、受け入れられるけど、甘えていたり、完璧じゃない自分は許せない!!!

 

これでは毎日息をするのも苦しいです。

 

でももし、自分に優しくなれたら・・・・・

 

  • 完璧にできなくてもいいと思える
  • 行動や考え方にもゆとりができる
  • 適度に手を抜くことができる
  • 周りが見えるようになる
  • 周囲の人にも心にゆとりをもって接することができる
  • 人に対しても優しくなれる
  • 穏やかな感情になれる
  • 自分を受け入れられるようになる
  • 自分が好きになる

 

こ~んなにいいことばかり。

 

でもそうなるためには大変なんじゃない?

なつみなつみ

いえいえ、そんなことはありません。

 

 

自分に優しくなるためには?

自分に優しくなるためにできる行動や考え方について。

 

  • できなかったことではなくできたことを探す
  • やらなきゃならないことでなくやりたいことをやる

 

できなかったことではなくできたことを探す

できなかったことを考えると、足りないものを探してしまいます。

 

今日の自分に点数をつけるとして、

●0点からできたことを足してプラスにしていく

●100点からできなかったことを引いてマイナスにしていく

 

という2つの方法があるとしたら、足していく方法がおすすめ。

「これもできた」「あれもできた」とできたことを積み重ねるとどんどん増えていく。

 

しかし、できなかったことを引いていくと

「これもできなかった」「あれもできなかった」と元々の点数からどんどん低くなっていきます。

 

プラスしていくほうであれば場合によっては100点を超えることも出てきますが、マイナスしていくほうであれば0点以下になってマイナス点になることだってあります。

 

おまけに、「これもできた」「あれもできた」とできたことの積み重ねは自分の自信にもつながり、できたことへの嬉しい喜びの感情が湧き出てきます。

 

一方、「これもできない」「あれもできない」とできなかったことを積み重ねていくと、自信はどんどん失われ、できなかった自分を責める感情が強くなってますます落ち込みがひどくなっていきます。

 

これって、マイナスの感情をどんどん増やしていくことになります。

 

なのでできたことを探して自分をほめてあげましょう。

 

やらなきゃならないことでなくやりたいことをやる

自分に優しくなれない人は自分に厳しいので、自分のやりたい、やりたくないという感情で決断するのではなく、やらなくちゃならないか、やらなくてもいいのかという判断をしがちです。

 

これでは自分が望まなくても強制的にやらなくてはならないという感情で抑えつけてしまうのと同じ。

マイナス思考になってしまいます。

 

でも自分の感情が喜ぶほうを優先するようになると、気持ちの中に嬉しいという気持ちや、ワクワクするプラス思考が増えていきます。

 

自分にとって楽しいと思えるものを選ぶことができるようになると、自分に厳しかったのが自分へ優しくしてあげる選択ができるようになります。

 

「やらなきゃならないこと」ではなく「やりたいこと」をやりましょう。

 

「自分に優しくなる」のまとめ

自分に優しくなれない人は自分に厳しい真面目な人、完璧主義の人が多いです。

 

しかし自分に優しくなれないと、生きていることがつらくしんどいものになりますし、生活の中で楽しいことを探せなくなってしまいます。

 

また、自分に厳しいと、他人に対しても厳しい目を向けてしまいがちなので、批判が増え、人を優しい目で見てあげられなくなります。

 

それは人間関係もスムーズに運びませんし、良いことはありません。

 

自分に優しくなるためには、

  • できなかったことではなくできたことを探す
  • やらなきゃならないことでなくやりたいことをやる

という点を少しずつ実践していくことがおすすめです。

 

なつみなつみ

もっと自分に優しくなりましょうね。